に投稿

「みんなで勝ちにいく」

現場を押さえた!
家の中でタバコ吸わないって約束を守れないおじいちゃん。笑


タイトルのそんな話を聞いて、すっごくすっごく元気出た!!!
写真を撮って仕事にしたいってずっと話してて
七五三撮影を受ける前の葛藤ももちろん、家族やみんなに聞いてもらってた。
今まで大人は撮ってたけどドンピシャな依頼。
ワクワクして
でも、もちろんドキドキして。
いざ、その日が近付いてドキドキしてたら、いきなり強烈パンチを浴びせられた。あ、言葉のね。
「 詩音がそれをやると、写真館やプロのカメラマンの仕事が減るんだからちゃんと考えた方がいいよ。」
この言葉が頭にきすぎてあんまり覚えてないんだけど、たぶんそんなことを言われた。そこでもちろんコングを自分で鳴らしたわ。はぁ?ってめちゃ苛つく声が出てた。笑




私がやりたいことがあるのに、誰かの仕事が減るからそこに遠慮してやりなってこと?
「 思いっきりやっておいで!!!」
「 せっかくだから、楽しんでおいで!!!」
「 ○○の最高の七五三の思い出を一緒に作れるんだね!よかったなー!」
「 夢に一歩近づくね、おめでとう!」
そんなふうに、私は言ってほしかったんだと思う。
でも、ここで私がこの言葉たちに敏感に反応して怒ったのはもしかしたら私自身もうっすら心の底でまだそんなふうに思ってるからだなぁ。結婚当初よく言われてた、「狭い街だからうまくやらないと、出る釘はすぐ打たれるよ。」
そんなん言われすぎて、あぁまだ洗脳されてる。
あぁ、嫌だ!!!!



ここで、私が誰かに遠慮して遠慮がちにやったら誰が喜ぶんだろう?
誰が嬉しいのかな?カメラマンたちにやっぱり失礼なのかな?
金額とか、やる内容、それがバッティングしないようにするって他のカメラマンに配慮してそもそもすることなのかな?
そのかなり安い金額で私がこんなの嫌だなぁってエネルギーで撮る写真って、どんなショットが撮れるんだろう。
そもそも私は、誰を喜ばしたいんだっけ?
喜ばせたいのは、私の写真を見てわざわざ私にお願いしたいって言ってくれたお客さんだし、大事な友達だし。
そして1番は自分の心を喜ばしたい、もある。
そこがいっちばん大切なのに一瞬忘れそうになった自分にすごく腹が立った!



危うく、本来のわたしの情熱を忘れそうになっちゃった。
そもそもみんなで仕事は取り合ってるわけじゃない。
もう競争の世界を抜けようって思ってるから、勝ち負けの世界で生きていたくない。
妊活で競争や比較の世界にどっぷり浸かって本気で疲れて悩んだから抜け出す覚悟をしたのに、すぐ常識的な考えをさも正しいような感じで伝えられるとこうやって戻ろうとしちゃう。
プロだったらこうするべき。
プロじゃないのにそんなのおかしいよ。
カメラの先生にちゃんと見てもらったほうがいいよ。
もっと上手くなってからやればいいと思う。
腕が上がってから始めたらいいと思う。
そんなん言われてしっかり挫けそうになったー!!!図星だからなのかなぁ。
でもはじめの一歩を踏み出さないと、もっとこうなりたい!もっとこうしたい!そんな課題点も浮かんでこないはずで。
はじめっから自信あって完璧な人ってそもそもいないよね。
「 みんなで勝ちにいく」この言葉がすごく刺さった。
妊活中、誰かが目標やなりたい自分に近づいてると何も変わってない自分や何も頑張ってない自分に焦ったり自己嫌悪になったりしてた。でも、誰かが夢が叶って幸せになったって、私の幸せが減るわけじゃない。幸せになれる気持ちは無限にあって、みんなで分け合ってなくって誰もが無限に感じられるからあの子が赤ちゃんできたから自分の赤ちゃんができる枠が減ることもないし。笑
なんかうまく伝えられないんだけど、みんなで幸せになれる、それが自分の中で腹落ちしたの。そしたら誰かを心から応援できるようになる気がする。
すごく幸せな循環になる!





今回、青葉を撮らしてもらって自分の写真を見て思い出したことがたくさんあった。
私しかできないこと。私が得意なこと。私が好きなショット。
私しか撮れないショット、それがいっぱいあるって思えた♪それが撮れた時、すごく幸せな気持ちになった!
あの人の写真も素敵だし
あの人のこうゆうショットも大好き!!!
みんなみんな味がある。
それでいいの。
こっちの方がいい、それでいい。
そんなのは好みでタイプでそれぞれあるのが当たり前。
誰かに遠慮して自分のやりたいことを抑える人生は、もう生きたくない。
そんなのしたら、また自分への罪悪感でいっぱいになって苦しくなる。そしたら病気になるし大事な自分をないがしろにしたツケが後々回ってくる。
自分のやりたいことや、こうなりたい夢を抑えてると自分に対しての罪悪感で苦しくなるんだよ。そんなことを教えてもらって、すごく意識して生きてるのに。






もっともっと、いっぱい愛を根底に私はいい写真といい時間を誰かと共有したいなって思ってて。
自分が幸せだから、人を幸せにできる。
ほんとにその通りだなぁって実感してる。
誰かを羨む人生はもう嫌だ。
フォローする人生よりフォローされる人生がいい!
自分自身の人生をちゃーーーーーーーんと生きてあげたい、私のために。
一回の人生!
あれもこれも全部させてあげたいっ!やらなかったら、絶対絶対になんであの時誰かにああ言われて自分がやりたいことを諦めたんだろうって絶対に後悔するのが目に見えてる。自分で決めてやらない選択をしたんだけど、結局その人のことを死ぬほど恨んで、これから生きていくのが分かってる。
ここは、負けちゃダメなとこ。
自分を優先する大切なタイミング。私の弱いふらついた心や悩んでる気持ちを代わりに代弁してくれたんだなぁ。
面白いね、スピリチュアルって!







大事な出来事だから書いておく。


に投稿

次の移植に向けて


すっごくすっごく緊張してる。(最近は緊張してばっかり笑)
排卵の状態を見て移植日を決めるから、事前に何回か病院に行かないといけないんだけど、かなり行きたくない心の状態に。
前回ダメだった時から精神状態が妊活に関してだけは戻れなくって、一ヶ月おやすみしてみた。それでももう一ヶ月プラスしておやすみしようかな。その方が気持ちが軽くなるかな?来月は楽しみなイベント目白押しだから大好きな人たちとお酒も飲みたいし(笑)もう一ヶ月おやすみしちゃおうか?
でも年齢を考えたら、こんなこと言ってられない。次々頑張らないといけない、そんなのをどこかの記事で読んだけど私の心がどうにもこうにもついてかない。






これって、みんなそうなのかなぁ?
受精できた卵が何個か残ってるんだけど、一ヶ月ごとにはい次!はい次!なんて移植を頑張れる精神が私には到底ありません。
なんとなく一昨日はいっぱいいっぱいになって泣いたらスッキリした。
泣きたかったんだね、きっと私。







病院に行っても(行けた!!!)
BGMでピアノ音楽みたいの流れてて、ほら結婚式の両親への手紙で流れてるような音楽でね、もうすでに涙を誘う誘う。弱気になってる私にはダメだよあの音。優しすぎる。藤井隆の”ナンダカンダ”とかもっと元気なのかけてくれないかなぁ。
そしたらパワー湧くのに。





今回も、精神不安定マックスでした。
ピータンをただただ可愛いって思ってるのに急に誰かの目が気になって、こんなブログで不妊治療のこととか明け透けに全部書いてるのは自分なのに(子供ができないから犬をあんなに可愛がってて、早く詩音ちゃん子供ができたらいいのにねぇ)なんて同情されてるのかな、可哀想だなって思われてたら本当に嫌だなぁなんて、私の小さなプライドがチクチクして。
ちっせーなー私って悲しくなっちゃったりして。笑。





みんな、いろんな心の葛藤があって生きてるんだなぁ。
いつか想いが実っても実らなくても心が軽くなった時は、今のこうゆう苦しいときのことって結構忘れがちで、きっと辛いから忘れたいから蓋しちゃうんだけど実はこの葛藤が心の旬かもしれない。こんなの乗り越えて前を向いたんだよってちゃんと未来の私が労ってあげたいからこんな暗いダメダメな私の葛藤も恥ずかしいんだけどちゃんと残しておこうって思って書いてみました。


に投稿

はじめの一歩


今週末、お子さんの七五三撮影を頼まれた!!
(カメラマンになりたいなぁ)そんな大それたことをふんわり夢見たのは多分学生の頃、写真部に所属してる時であの頃周りにいたかわいい友達たちをよく撮らせてもらってた。多分、昔の私のこと思い出してくれたらいつも小さいデジカメや銀塩カメラでパシャパシャ撮ってたのが印象づいてると思う。
そんな毎日が、すっごくすっごく楽しかった。
あとは旅も大好きだったからその最中に風景や出会った人を撮影すること。CA時代は仕事を兼ねて大好きな旅もできて、写真も撮れて、って今思うと爆裂幸せコンボだったなぁ。生まれ変わってもCAになりたいと思うほど。







ひとつ前の記事で書いたこの秋の新しい挑戦は、カメラマンへの第一歩なの。
今でもやってる新月の時に夢ノートになりたい像を書く習慣は大学生の頃からやってるんだけど、15年前の夢ノートにも10年前のキャセイ時代にもやっぱりいつもどこかに、”旅するカメラマン”とか”子連れで旅するカメラマン”とか”子供専門のカメラマン”なんて、ワードが書かれてた。
ほんとに私がやりたいやつ。
でも、大人になるとカメラマンになりたいなんて口に出すのもなんか恥ずかしくって、写真が好きだけじゃ成り立たない世界だしカメラの専門学校も出てないし知識も全然ない。こんな風なモードに入るとたっぷりやらない言い訳、諦める言い訳がいっぱい出てきちゃう。







でもでも心のどこかにあるから毎月もはや無意識に書いてる、いつかカメラマンになりたいって夢。
ここらで一回自分のためにもう行動起こす時なのかもしれない。
でも怖いなぁ。
あの程度の腕でお金とってるの?ってプロに思われるかなぁ、プロの世界なめんなよって思われるかなぁ。いいのかなぁ。こんな頭の中の葛藤がすごい。
大人の被写体は指示出したらしっかりその通りに動いてくれるけど、子供はそうはいかない。犬と一緒。ブレちゃうの。元気だもん。笑。
上手にできなかったらどうしよう。
でも、やりたい。
失敗したら、無理だったらお金を返却したらいいかな。
でも一生に一回の七五三で、ヘマをこいたらどうなる?うらまれる?
あーうるさいうるさい!!!自分の頭の中の声が一番うるさい!!!これホント。











やりたいんでしょ?
やってみたかったんでしょ?
死ぬとき、あの時なんで行動起こさなかったんだろう?
人の目が気になって恥ずかしくても怖くっても挑戦すれば良かったなぁって後悔しない?
誰だってはじめの一歩は怖かったよね。
あの人だってあの料理研究家だって誰かにはじめてお金をもらって食べさせるの緊張したかもしれない、
あの有名な歌手の子も、お金とってライブハウスでみんなの前で歌うの怖かったよね、
芸能人の初めての撮影だって怖くて仕方なかったはず、
誰だってそう。はじめの一歩はワクワクと緊張の両方でとっても怖いはず。
I’m readyって完璧で望める人なんて少ないのかも。
怖くて当然。
ドキドキして当然。
だって心の底からの夢だから失敗したくないし
一番やってみたいことだから不安にもなる。
でも、やってみたい。それが私の本音なんだ。
だって、写真撮るの大好きだもん。子供と遊ぶのも大好きだもん。誰かの笑顔も大好きだもん。そんで誰かの思い出の一ページをしっかり写真として残せてそれが喜ばれたらもっともっとうれしい!!!そんな純粋な私の可愛い想いをもっと拡大させたい。
それが仕事にできたら、さらに最高だ!!!(心の声が爆発!笑)







やってみないと失敗だってしないし
失敗しないで足踏みしてたら改善点も見つけられない。
怖いけど、進んでみよう!やっと決心がついた!(ここで明け透けに書くってことも決意表明みたいなもんで)
みんなに見ててもらおう。
私の成長記録をここで綴ってこ。今更カメラマンになりたいなんて恥ずかしいなんて言ってられない。私の人生は、ちゃんと私で創るんだった。
お母さんになる夢とカメラマンへの夢の道、さぁどうなるどうなるー!!!!←笑


に投稿

霜が降りた

今朝の気温は、2度。
テレビも世の中のニュースも全然見ないからインスタのストーリーにアップするときに見える今の気温で、毎朝温度チェックしてます。
今日は、霜が降りてた!!
北海道はもうすぐ秋が終わるー!紅葉シーズンは一瞬だよ!

今年の秋は、庭にアメリカシモツケを追加したよ♪
去年植えたペッシカリアは想像以上に大きくて来春に株分け予定!


朝日を露出開放して撮ったら、
こんな感じに。

偏頭痛のこともあって直接太陽見るの苦手なんだけどファインダー越しだと大丈夫!



今年の秋は、ずっと思い描いてた未来の一歩に踏み出せそうです♪
緊張するけどすっごくすっごく楽しみで、はじめはみんなこんな風に怖かったんだろうなぁって思うけどちゃんと自分に夢を望ませて、しっかり経験させてあげよう。失敗して恥ずかしい思いするかもってウジウジな自分も出てくるんだけど、失敗するかもって思ってやりたいのにやらない方がよっぽどカッコ悪いしダサいもんね。
できる準備は着々として、あとはワクワク待つだけだ。
一歩踏み出す勇気、やっときた!!!
ちゃんと波に乗る!
自分の居場所はいろんな場所にいっぱいあった方がいいよなぁって、文春の光浦靖子「49歳になりまして」のエッセイを読んで朝から、なんだか想いふけちゃいました。



仕事で嫌なことがあったら
家族の優しさが身にしみて
家族間がうまくいかない時は、
仕事や習い事なんかで憂さ晴らしや気晴らしができて
自分のことが嫌いな時はピータンの天真爛漫な姿に癒されて
ピータンの犬育てで疲れた時は
大好きな友達とただただ喋って癒されたり
ホッとするあのカフェに行ったり、
自然の美しさに感動して心が洗われたり、
そうだねぇ、
だから、いろんな場所に居場所があるといいんだなぁ〜。





人と関わったら刺激もあって楽しいし摩擦も起こって苦しいこともある。
でも私は山奥の仙人みたいに一人孤独に穏やかに瞑想して生きてくのは私の理想じゃないから緊張したり怖かったり傷つけられたり
でも、その分優しさを味わったり感謝したり嬉しくなったり
その苦しみのおかげで人生が楽ちんになる気付きがあったり
そんなんしながら、生きてくんだなぁ。





家事ばっかりの人生はやってらんなくて
嫁ぐ前みたいに大好きな仕事に燃えて好きなものを買ってキラキラした人生じゃないと満足できないって思い込んでた私は、
夕日を見ながらピータンと散歩して、綺麗な朝だったら浮き足立ってカメラ持って庭に飛び出して、
ここからいっぱいパワーをもらって満足してる新しい自分を発見して、今は心の満足度の最高潮がさらに上がった気がする。
もちろん落ち込む時もあるんだけど
こんな感じでジェットコースターの毎日で。
また新しい自分に出会って、生き返ったようです。
さて、今日も庭作業で汗を流すぞー!!!!



に投稿

徒然


昨日まで、晴れマーク続きで連日ずっと夕日の綺麗さは格別だった〜
前は庭作業の関係で株分けしたいから、とか、移植したいから、とかそんなんで天気予報と睨めっこしてたけど、今はピータンのお散歩事情と夕日観覧ツアー事情の方が大切。今日からしばらく曇り空や雨模様だけどそんなわけで、昨日までに株分けやら庭作業終わらせたんだ。イェイ。
あとは、球根植えだ。




庭作業でまだ冬までにやらなくちゃいけないこともいっぱいで忘れないように書き出してみた!
・球根植え
・雑草抜きながら肥料のすき込み&中耕
・株分け
・柳の枝集め(来年の支柱用に←初めての試み!)
・樹木の枯れたとこ剪定(紅葉と桜やらないと〜)



今年は、庭にハーブを増やそうと思ってたのに想像以上に妊活で精神疲れちゃって全然畑仕事まで手が回らなかったから、来年はさっちゃんって最強助っ人を手に入れたからハーブ畑を作りたいなぁって思ってる。
とりあえず、我が家にあったらいいなハーブを書き出してみてワクワクしてるよ。ハーブ花束売り出したいなぁ。オリジナルのハーブティとか作ってみたいなぁ。それで一儲けしたい。北海道ブランドってだけで最強な気が勝手にしてる安易な考えです。笑


奥の黄色のぴょ〜んってダリア、「 あの、黄色いのなんか詩音ちゃんみたいなんだけど」って笑って言われたやつ。@イコロの森。


無理やり写真撮らされたわりにノリノリです”!


私ってこんなイメージ?
なんかひとつだけ、この黄色いのすごい浮いてない?
私って、浮いてるの?笑




今朝は、雨降る前にお散歩行ってこれて良かったー!
それでもエネルギー有り余るピータンの体力をどう対処しようか雨の日は悩みます。
でも人間世界だって誰かを想い通りになんてできないんだから、ピータンを思い通りにももちろんできなくて、抱っこしてとかPC作業してる時に膝に乗ってきたり甘えん坊で可愛くて可愛くて疲れてるけど
ピータンには、
そっかそっか〜 甘えたいんだ〜
そっかそっか〜 構って欲しいんだ〜
そっかそっか、ってやさしく受け取れてるから、
こんな風に、今日は自分にも声かけてあげようっと。







雨の本日、やさしくやさしく過ごしたいなぁ。

に投稿

スッキリしたい


田舎暮らし友達なおちゃんの冷蔵庫の食材を使い切る話が大好きです。
その話をもう何度も聞いてるのに毎回聞きたくなるくらいしつこい私。



その話を勝手に書いちゃうけど
毎回なおちゃんはスーパーで食材買ったらそれ全部きっちり使い切るまで絶対お買い物に行かないんだって。だから最後のお料理の合わせはミスマッチになるみたいなんだけど、ねぇすごくない?え、みんなこうなのかな。
なおちゃんは、必ず食材を全部しっかり使い切って冷蔵庫の中を拭いてスッキリさせてからお買い物に行くんだって。
私はと言えば、よく野菜を腐らせる名人だからこれって、ほんとに憧れの話なの。








北海道に嫁いでからまぁ、野菜は本当にもらうもらう。
いらないって言うほどもらえる。誰かの家に行ったら必ず、これ持ってく?って野菜を指差される。笑。
ジャガイモ・とうもろこし・カボチャ・長芋は、近年は買ったことないかも。近頃はブロッコリーだって、もらえちゃう。牛乳とかヨーグルトも余ったからってもらったりするんだよ。すごくない?笑





そんなこともあってか
私、冷蔵庫の中の整理が本当に苦手で。だって野菜使いきれない。
だからかその話を聞くだけで自分の家までスッキリしたような気分になって気持ちがいいから、いつも話してほしくて聞いちゃうんです。
Youtubeでも、どんどんモノを捨てる動画も気分いい。
なんだろ、なんか捨てたいのかな?なんだろうね。






ずっとほしかった洋服が買えた時の喜びより
キラキラ差し込む日差しにあたったオレンジ色の眩しそうなピータンを見る方がうんと幸せになりました。寒くなってきて朝陽の上ってくる位置が変わってきたなぁって綺麗だなぁって思う自分に、心がほぐれます。
そんな自分になれたことが嬉しい。
モノって本当に大好きな、お気に入りのものだけでいいのかもしれないなぁ。あとは、大自然の光とか空気が私の毎日をもっとカラフルに彩ってくれるんだね。
今日は、その感動を守るために庭の手入れを朝から頑張ったよ。
ふくふく胸がいっぱいに満たされて太陽浴びて心の中も照らされて明るい気持ちになったよ。


に投稿

キャパがティースプーン


私のキャパがとてつもなく少ないことが判明。もはやティースプーン!
みんなよく子供をちゃんと育ててるなぁって、自分の時間がなくなるのも慣れるって言うけどそれでも子供の愛しさが勝るって言うけど、ピータン一匹の子育てですら私は時々発狂してる。笑。
そんな話してたら友達から前者後者論の面白い話を聞いて、まさしく私は前者だって思って。正確には後者の振りした前者だった。笑。ちなみに一緒にいた友達2人は私とは違って完全なる後者!
あと、十勝に第一人者がいる今噂のHSPでも私はしっかりハマってるってこないだ友達にも言われたのもあって(自分でもリストに結構当てはまってたし。)とにかく人に気を使いすぎる性分だけど、それは長らくサービス業についてたりしたから自然に身についたものかと思ってたら違ったっぽい。これって生まれ持ったものらしい。
とにかくこの話を話すと長くなっちゃうから気になる人はHSPと前者後者の話面白いから読んでみてください。空気察するのめちゃ上手いのに、なんかHSPだけだと納得できなくてこのミックスしたものが自分にはしっくりきたよ。
たくさん文献があるよ。特に、前者後者論はこれから生きてくのに人に対してすごく寛大になれるきっかけにもなって面白かったから是非。





話を戻すと、
私とにかくピータンの犬育児にも全力投球なんです、だから超疲れる時がある。
可愛いなぁ、愛しいなぁって思う時もいっぱいあるけど死ぬほど疲れてる時もある。
犬も赤ちゃんの時が肝心、今が一番大変な時、ちゃんと向き合って頑張って、3年は我慢だよ!そんなのゴマンと色んなとこで読んだけど
子供や犬の性質もあるように、飼い主や親の性格もそれぞれ。
教科書通りマニュアル通りなんて絶対いかないってやっと分かった。←毎回、こんな事最近書いてるね。笑。でも、今の私が興味あること第一位なのー!!!!







最近までの私の悩みは、
里帰りしたいけどコロナだからできないなぁ
でもコロナ落ち着いてもピータンいるから心配で帰れないなぁ
どうせ帰るなら1週間か10日間は帰りたいけどそこまでペットシッターさんにお願いできないしなぁ(お金もかかるし)
不妊治療の薬の副作用で体調悪い時が多くて庭作業が追いつかないなぁ
雑草を見て見ぬふりすればいいんだけど、性格上やっぱり気になるなぁ
もっと気楽に誰かにピータン預けて遠出できたりお泊まり行けたりしたら気晴らしもできて安心なのになぁ
でもピータンも慣れてる人がいいなぁ
できたら、家で見てもらいたいなぁ
庭作業も一緒にやってくれる人いないかなぁ(それも楽しめる人で)





あと、子供ができてからの心配も!笑。
こんなにピータンの犬育児だけで心が忙しないのに、絶対子供なんて一人じゃ育てられない!ましてやあっきが仕事で忙しいのに考えれば考えるほど不安になってた。
ちょっとスーパー行くときに平日赤ちゃん見てて欲しいなぁとか誰か安心してお願いできる信頼できる人がいたらいいのになぁ(おばあちゃんは90歳過ぎだから流石に当てにできないしお母さんは街に住んでるし車がないから来てってできない!しかも狂犬梅ちゃんがいるから赤ちゃん見てもらうの怖い。笑)とか考えてたら悶々。
「 生まれたら全然お世話するから時々息抜きしておいで!」そんなふうに言ってくれる友達もいるけど、正直みんなも子供もいるし、なかなか気楽に頼みづらい。子供が欲しいのにピータンを飼ったことによって自分のキャパの小ささが浮き彫りになって、赤ちゃんを育てていく上での自分の中の足かせに気付いちゃったらズドンと重たい気分に。
あのしっかりして穏やかな友達ですら、やっと欲しかった赤ちゃんとの生活にさすがに寝不足で気分転換も気楽にできない状況だとすごく大変そうだった。それなら、キャパティースプーンの私に務まるわけないじゃんって思っちゃって。
あっきが赤ちゃん見てくれる時もあるだろうけど、あっきと一緒に出かけたい時もあるし。さぁ、どうなる!
どうする!?どうするんだ!!!!!!!






そ・し・た・ら!!!!
そんな中の私の悩みが一挙に解決したの!
なんと、この度義理の妹ちゃんが十勝に帰ってくることになった♡
元々、ガーデンで働いてたから庭作業もできるしずっと東京住んでたからのんびり田舎暮らししたいんだって。そんでもって昔はトリマーのお店で働いてたから犬は大好きだし犬の扱いも慣れすぎてる。
しかも、今、我が家の敷地内の空いてる一軒家に住むって言うもんだからこれ最高!すぐ頼めるじゃん!
あっきの出張が始まったら怖がりの私は、さっちゃんがいたらもう夜だって安心。
おじいちゃんおばあちゃんのことも毎日一応心配だからふたりの様子を見に行ってたんだけど自分が体調悪い時なんかは無理して行って疲れてた。
こんなうっすら悩んでたことから、私の肩の荷が全部すっきりした。
あー!全部、解決!!!!!!!!
すごい!思い通り!すごいすごいっ!!!
自分のキャパが極小って気付いて、それを大きくなんとかする努力は最初からしないで、どうにか他で解決できるかウキウキ想像してたらこんな夢みたいな結末になった。








望み達成のHOW TOは考えないで、とにかくこうなったら最高だなぁ〜
それを考えてニヤニヤしてたら気付いたら叶ってる。
不思議ー!
赤ちゃん欲しいのにその先を想像するとやっぱり不安で、アクセルと一緒にブレーキも同時に踏んでたみたいだけどやっとブレーキ外せそうです。
まだまだ楽しんで生きていたいから、とりあえず元気に私は夢をみるよ。
さて、次は何を望んでみようかな!
私だけの理想探しを続けます。
今日の私の周りの空気は、スッキリ澄んでいる。気分がいい。

に投稿

clear mind


三浦春馬くんの死に続いて竹内結子のニュースまで。
悲しくなった。
志村けんの死も驚いたし悲しかったけど、自分で自分の命をたつって想像もつかない。
自殺の大半の理由はほとんどは突発的って言われてるけど、人間って急に孤独になったり誰もが敵に思っちゃう時だったり何したって悲しくって仕方ない時ってどうしてもあるよね。
人生は心臓の波動と同じように波があるんだから苦しくなる時は誰にだって起こりうること。生きてるって苦しいなぁって思う時ってきっと人生のうちに何度もある。



きっと死にたいくらい悲しくて辛くなってその時に自殺を選んだ人もきっときっと突発的で、日々毎日毎時間ずっとずっとずーーーーーっと苦しかったわけじゃないと思う。家族と過ごしてる笑顔の時間は嘘じゃないし、友人と笑い合ってるのも本当だったと思う。
真面目な人がそうなるとか、強く見えて実は弱かったんだね、なんて色んなことを言う人がいるけど、これって誰にだって起こりえることじゃないのかなぁ。





結婚したばかりの頃、私は今より100倍泣いて暮らしてた。
世間には好きな人と結婚したから幸せそうだと思われてたかもしれないけど、すごくすごく不幸に感じてた。好きだった仕事を辞めて十勝に嫁ぐことも全部じぶんで決めたことなんだけど、友達がいない嫁ぎ先、気晴らしにショッピングもできない欲しい服もない、土地勘もない、車もまだなくって気晴らしのドライブもできなくて(なんせ運転が超下手だったし)、やっと出かけた先では旦那さんの知り合いに会っちゃったり「 詩音ちゃん、いたよ」って旦那さんに連絡入ったりで向こうはそんなつもりないんだろうけどなんだか監視されてるような気分になってて息苦しかった。バイトもダメって(その時は)言われてて、寂しくて人恋しくても家の周りはほとんど誰も歩いてなくて雨の日は近所の公園に行けなかったから人の気配を少しでも感じたくてベランダでお昼ご飯を食べてたくらいだった。家事も超苦手で14時から夜ご飯を作りはじめててそれでも出来上がったハンバーグは劇的に不味かった。笑
唯一話せる旦那さんは自分の友達の約束もあったり会食でいなかったりで、あの時のわたしは何故だかすごく孤独を感じてた。旦那さんにも弱音を見せないで元気で大丈夫な詩音ちゃんを演じてたのもある。
新婚で幸せいっぱいのはずが心の中ではあれ?って、いつも思ってた。こんなはずじゃない、こんなはずじゃない、そんな風に悩んでた。
あの時の私はあっきに死ぬほど依存したんだよなぁ。
今思い返すと、仕方のないことなんだけど。人のお金で生活するのにも慣れてなくて別にダメって言われてないんだけどなんだか買い物一つするのも何故だか罪悪感が芽生えて高いものを買うときは申し訳ない気持ちになって。買うものはあっきにオッケーって思われるものだけ。あぁ、書いてるだけで思い出すだけで息苦しいっ!!!!
今だと笑えるんだけど、あの時の私は自分の人生なのに全部あっきに決めてもらってて。全部あっきにお伺い立ててて。
あっきが嫌がりそうだから止める、あっきがだめって言うからやめとく、全ての判断を良かれと思ってあっき任せにしていて、そりゃそんな重たい女じゃ夫婦生活だってうまくいきっこなくって。
夜になると喧嘩ばかりしてた。
これを今の私が自己分析すると、自分の判断を人に委ねると何があっても自分の責任じゃないから楽だったんだよね。だって変なことや問題が起こったら、あっきのせい。「 だってあなたが言ったじゃない?」って言える。
でもその逆もそう。例えばうまくいったとしても、それはあっきのおかげ。私の力じゃない。全然そんなことないんだけどそう思えてくる。
これを繰り返していくと、どんどんどんどん自信がなくなるんだよね。
自分の判断を人に任せるって本当に危険なことだったって今は分かる。自分の”好み”や”好き”なんてのも、もちろん分かんなくなる。だっていつも誰かの好きで選んでるから、”わたしの好き”に意識を向けなくなる。
SNS社会の今は、誰かからのいいね!で判断する子供が増えてしまいそうだよなぁって思う。それは生きてく上での苦しさのはじまりになる。
そんなわけで、結婚前香港で自分が最強!いちばんっ!!で生きてきた私は、嫁いでどっぷりあっき任せの(聞こえは旦那さんを立てるようないい嫁に聞こえるけど)くそつまんない自信のない嫁になってしまってたんだなぁ。
あぁ、懐かしい。絶対に絶対にあの頃の自分に戻りたくない。(体型は戻りたいけど笑)






とにかく
理想の思い描いてた新婚生活とは程遠くて、月に一回以上東京に里帰りしてパワーチャージしに帰ってた。あの時、他の嫁いできてる友達は里帰りもしないで毎日ちゃんと家事もできてて全然苦しそうじゃなくて、私は自分で自分のことを幸せにできない子なんだなぁって自分を責めてたけど、東京にいっぱい里帰りして逃げてたからこそ私はなんとかやり過ごせてたんだと思う。あの時はよく泣いてたけど、たぶん外から見たら詩音ちゃんは元気そうで幸せそうでって思われてたかもしれないけど私はすっごくすっごく苦しかった。
人って分かんないよなぁ。








みんなは普通にできてるのにどうして私は苦しいんだろう。この上、子供ができちゃったらどうなっちゃうんだろう。でも子供がいたらこんな事で悩むこともなくなるくらい忙しくなれるのかな。そんな考えだった。
でも、神様はちゃんと見てくれてるよね。
あの時すぐ子供ができちゃったら、わたしはきっと狂ってた自信がある。そんなキャパこれっぽっちもわたしにはなかった。この土地に慣れること、わたしの友だちを作ること、家庭以外に自分の居場所を作ること(アルバイトでもなんでも良かった)、それを頑張ってみたけどそれでも私の心は苦しいまま。
でも、あるときもう逃げてもいいんだよ?
そんな風に言ってくれた人がいて、これを自分に心の底から許したら余裕が生まれてきた。(ほんとに無理だったら東京に帰ってOLしよう、なんかそれはそれで楽しそう。しかもまたすぐ結婚できそう。笑)そんな風に気付いたら思えててそしたら前みたいにちゃんと笑えるように戻ってきた。
自分を取り戻したら、あっきとの関係ももちろんよくなった。








「 苦しかったら逃げてもいいんだよ。」
これは弱い人間を作るんじゃなくって、ホっとできる魔法の言葉。
日本社会は、我慢が美徳とされてて苦しくても逃げないで我慢、辛くっても必死で頑張る、←そんな教育はクソくらえだと思います。結婚は我慢とか忍耐なんて言葉も間違ってると思う。それでうつ病になって苦しくなって再起不能になるよりは辛かったらSOSを出してすぐ逃げ出していい。そんで元気になったらまた違う発想ができるようになる。幸せになるために結婚するんだもん、誰もが幸せになるためにその行動をするんだもん。なんで我慢しないといけないのさ!
あと嫌いなのは、出産の痛みに耐えてこそ我が子を愛せるとか、そんなもんも嘘っぱち!母乳じゃないと栄養がないとか、んなもんあるかい一!って生んでもないのに鼻から信じていません。全部、全部母親を苦しめる言葉ばかり日本にはある。








苦しんでる時は普段の自分の判断ができなくなるから、突発的ってことが起こるんだと思った。渦中にいると、いつもできてることも、ちゃんと感じられてる愛も全部信じられなくなってしまう。あの時東京に帰らないで踏ん張って心を置き去りにして我慢して無理をしていたら、きっと新婚当時の私だって分からなかったなって思います。
それくらい、誰にだって起こりうることだと思う。
弱いとか強いじゃなくて、人間は誰だって弱い時も強い時もあるんだってこと。それが分かった。






今は辛いって言われてる不妊治療を始めてるから、意識的に自分の心のバランスを取る練習を毎日してるような感じです。
じぶんの心と体と魂にちゃんと耳を傾けてあげる。
それを、とにかくとにかく大切にしています。
自分の中でどうしたい、こうしたいって心の中の自分の本当に本当の気持ち(お腹の底からの気持ちや言葉)をピカピカに磨くのってすごく気分がいい。
いま何が食べたい?
誰といたい?
誰と会いたい?
どこに行きたい?
どうしたい?






今までもちゃんと自分をいちばん大切にしてるつもりができてなくって、すごく雑に扱ってきてたことに気付いて。全部が、バラバラだった。
この生き方を始めたら、自分と繋がる感覚がより分かるようになってじわぁ〜っと安心感が出てきたんです。あと自信も湧いてきた。
友達がいっぱいいても
たとえ親友がいても
素敵な旦那さんがいても
いい仕事をしていても
人気があっても
孤独は誰だって感じるんだなぁ。
いちばん大切な自分の心を置き去りにしてるとすぐ苦しくなるから、みんなが自分の型でホッとする方法や元気が湧くリストをたくさん作っておくのって大切だって思ってます。私もひさしぶりに自分の元気玉リストを作ってる。
苦しいって気持ちも悲しいって気持ちも他の誰でもない自分自身でなんとかするしかないんだよね。それをなんとかできるのは、”わたし”しかいない。






いつもいつでも心は素直だから本当にホっとできてるか、よく観察してみること。
ザワってしたら、ん?あれ?なんだろう?
このザワザワは私にいい影響になるから今のこれは逃げないで怖いけどこれは頑張るやつだ、とか、これを今頑張る必要がないから逃げちゃおう、そんな判断も自分で決めてできるようになってきました。
間違える時もあるけど日々エクササイズです。体育や運動は習うのに、心の筋トレは学校では教えてくれないもんね。なんでだろう。









「 苦しくなったらいつでも逃げていいんだよ。」
子供ができたら、そんなふうに子育てしたい。ちゃんと自分の心をいちばん大切にできる子になれるとすごく人生が安心感でいっぱいになる。
ちゃんと自分の心のまんまに素直に生きる。
悲しむ時があっていい、ちゃんと落ち込んでいい。すぐ逃げてもいい。
わたしも自分だけの幸せをちゃんと選べる人生を魅せてあげたいなぁ。
だからいつだって勇気をもって逃げ出したり、敢えて頑張らないを選ぶこともときには大切だって世の中の教育がそう変わっていくといいなぁ。
どうか、どうか、あなたもいつでも自分に優しくいてあげてください。