Blog

自由に生きる

ずっと雪を食べてるピータン


ピータン、最近ロングリードでお散歩デビューはじめました。
家の敷地内だけ。
本当はリードも外して家の周りくらいはいつかお散歩したい!
それが夢!憧れ!
梅ちゃんやガイやヴァルちゃんを見てるとキャッキャ楽しそうな笑い声まで聞こえてくるから。
ただピータンはまだ呼び戻しが完璧じゃないし、家の周りの環境が大自然すぎて鹿やら狐やら出てきたらきっとどこまでも追いかけてっちゃうからなぁ。一応、猟犬だしね。昨日は、鴨?みたいな大きな鳥が狐にやられてカチンコチンに凍って庭に転がってた。雪に埋まる前になんとか救出できて良かったね。




ピータンは散歩中、もうあっちゃこっちゃ走りまくって文字通り跳び回って駆けずり回って本当に本当に嬉しそう。ぴょんぴょんって、うさぎのようです。
もうそれを見てるだけで本当に愛おしい気持ちになるし幸せだなぁって胸が痛いくらいで。時々、なぜか泣きたいくらい幸せな気持ちになります。
前は短いリードで引っ張り癖がすごいからずっとダメ!だめ!ってコントロールして引っ張り続けて首が苦しそうだったし、わたし自身も今まであんまり好きじゃなかったお散歩時間が今はすっごく楽しみ。完全防備してマイナス15度の中でもウキウキ散歩してます!
好奇心旺盛のピータンが氷の上をワクワクしながらぐんぐん進んでくのを見ながら、(あぁ、わたしこうゆう風に子供を育てたいんだなぁ)って思いました。こんな風に自分も自由に生きていきたいんだよね。
好奇心の赴くままってなんて自由なんだろう。
自分の興味があることを誰にも止められないで(危険なことはもちろん止めないとだけど)失敗もなんでも受け入れてチャレンジできる人生は楽しいよなぁ。2021年は、もう少しチャレンジしてみよう。カメラももっと頑張ろう。
ハーブももっと育てて、去年したかったことちゃんと形にしてみよう。あぁ、そんなのを考えてるだけでワクワクするー!!!
そう、この気分を味わいたいんだった。




どうして、町田の住宅街で育ったわたしがこんな自然いっぱいな中をわざわざ選んだんだっけって考えると、ひとつひとつ全部自分で選んできたから今のわたしがいるんだからいつかの未来のわたしが過去の私にありがとうって思えるように今年もたくさん自分の心でひとつひとつ選択しよう。
自分の”好き”を見つけてその純度をさらにあげてきたい。
「 自分を生きなきゃ意味がない!!!」暮らしの手帖の言葉に新年から、また勇気もらいました。