Blog,  ピータン

犬種について


今日からときどき、ピータンと私たちの成長記録も綴ってこうと思います。本当、簡単に考えてたわけではないけど仔犬のしつけって大変だねぇ。
情報も溢れてるしその犬種の特徴や性格もあるし、一辺倒じゃないなぁってやっと振り返り始めてるので忘れないうちに書いておきたくって。





犬飼いたいなぁっていうのは、一軒家建てる前から夢みたいに思ってて。
まなみちゃんに犬の素晴らしさを聞いてやっぱりここでもう飼っちゃおうってことで、この日から心の中では動き始めてはいたの。
そんで、ちーたまが泊まりに来たタイミングで一緒にペットショップ巡り。決定打はここだな。

この柴犬もかわいかったー


抱っこしたら終わりだなって思ったけど、ここで抱っこさせてもらいました。
あっさり心がぐんぐん進んで
次の日から、ひとりでペットショップ巡り。
ちーたまに、ぐっと背中押してもらったなぁ。ありがとう。
ネット界隈でも、いつもいつもブリーダーさん巡りスタート。


クチャってこのミックスの子も連れて帰りたいって思ったな〜



だけど、この子に会って心揺らぎまくり⇩

バーニーズマウンテン♥️のこの子♀3か月でこのサイズ!


家の周りも幸い広くて散歩し放題だから、大型犬でも飼えるのかなぁなんて夢みてて。あんまりにもこの子人懐っこいし可愛くって、毎日のようにホーマックにこの子に逢いに通ってました。土日にはあっきも連れて行って抱っこしてもらって、心は半分くらいこの子を連れて帰ろうかって二人で真剣に思ってたんだけど
どうしてもこの犬種の短い平均寿命を考えると、いつかの私の心が持ちそうもなくってやっぱり考え直して断念。
大型犬は、体の大きさの割に心臓が他の子と同じサイズで小さいから寿命が短いんだって。さぬきの時の落ち込みっぷりを思い出すと、もうこの子を迎え入れえ飼いはじめた最初から、私の場合はペットロスに陥りそうだと判断して泣く泣く断念したんだ。この子に家族が見つかるといいなぁって思ってたら、すぐに”家族が決まりましたシール”が貼ってあって、(そりゃそうだ可愛いかったもん。いい子だったもん。)って、うれしかったんだけど空のケースを見て帰り道少し泣きました。通ってたから、すでに情が移ってた。






そこからブリーダーさんに切り替えて探し出しました。
理由は、ちゃんと遺伝子検査や先天性の病気のあるなしをしっかりしてるとか。
母犬ともずっと一緒だからミルクも飲んで免疫も高くて、安心できるから。
でも!
ブリーダーさんは、今は対面販売だからその場所にいかないと売買契約ができなくて。この頃(1月終わり)すでにコロナのこともあって気軽に飛行機に乗るのを控えてたから、ちょっと難航し出しました。
犬種について書ききれてなかったね、だからまだまだ続くよ。