Blog,  memory,  mind

春がきた!


冬は冬で綺麗だけど、
やっぱり芽吹いてきたこの時期、嬉しいっ!!!
心が躍るー!
明るい色の洋服を着るのも、心が弾むね。なんだろね、洋服だけでこんないい気分味わえるなら、みんなでかわいい服着よー!ファッションって大切だなぁ。


移住当時のことを書こうと思ってるんだけど
思い出すと苦しくなるからなかなか筆が進まなかった。笑
でもあの頃の外から見た図は、大好きな人と結婚して幸せいっぱいに見える新婚ほやほやで、ってか一生懸命”私幸せなんです〜!最高にハッピーです〜!”って見せてたけど中身は、やりたいこともなくなって仕事も辞めさせられて(こう思ってた!)友達もいなくって不満だらけだから夜はあっきと喧嘩だらけで、自分のこの満たされない感覚はこの何にもない土地のせいで、絶望の淵にいた10年前の私に向けて、そんな過去のかわいそうな私に向けて書こうと思います。







結婚式が7月3日。
多分帯広入りしたのは6月30日だったはず。
今まで彼氏と同棲したこともないし
車の免許あるけど運転もど下手、友達もいなくて土地勘もない。
料理も苦手、インターネットもまだ繋がってない状態で嫁いじゃった私。
ほやほや気分を味わったのは数日。
早速、死にました。
でもプライドだけは高くって、幸せそうに見えるように頑張ってました。





あっきが好きだったから嫁いだ、そうなんだけど
結婚生活の最初は相当苦しかった。
何が一番苦しかったって、
親元離れるのも友達がいないのも、もともと香港に住んでたし全然オッケーで。
私を苦しめたのは、
自己肯定感が著しく下がったことだった。自己受容もガッツリ下がってた。
今だから分かる!!!!
嫁ぐ前の香港時代の私は、夢だったCAとして働いてた自分のことが大大大好きだったし、趣味の旅行もお金をもらいながら行けるという最高の職で。自分で言うのもなんだけど、めっちゃくちゃキラキラ輝いてたと思う。

誇りある仕事をしてる自分のことが大好きだった!





それが、帯広に嫁いで仕事をやめて
私の肩書きは
・あっきの奥さん
それだけ。
大好きで大好きで一緒になったのに、最初の1ヶ月は家事が苦手だから料理作りにてんやわんやしててやっと落ち着いてきたら、もうなんか物足りなかった。
急に未来が暗く見えた。
「 私って、こんなもんじゃない!!!!!」(←笑)
そんな心の声が聞こえてきたけど、もちろんその頃の私はスルー!
家業を継ぐのを知って結婚したから、内助の功をちゃんとするって決意して嫁いできたし、なんか周りもそんな感じの雰囲気で、でもさ今まで「 我が我が!!」タイプの私が、突然一歩下がってあっきを立てる奥さんなんてそりゃ無理があった。ジレンマすごいんだけど隠してたし気づかない振りをしてた。
結婚ってこうゆうもんなんだ。そう納得させるしかなかったけど、いつも何か物足りなくて何か満たされなくって、そこで悩んだ私が出した結論は、「 子供が欲しい!」に至った。”お母さん”になれたら、この物足りなさなくなるのかも!!!そんな安易な考えだった。






そこから地獄は始まります。
すんなり子供ができなくて(今思うと本当に良かった!!!)
心の声を見て見ぬ振りをずっとして、自分のちっぽけなプライドのために幸せに見えるように命をかけてた私。
あっきは言葉で好きとかはっきり伝えてくれるタイプじゃないから喧嘩ばっかりでもう愛されてる自信も全然なくなって、あの頃は「 好き?私のこと好き?」って毎日不安だから聞いてた気持ち悪い女だったwwwそんな女重たくて嫌いになるよねって今は分かる。笑。自分に自信なくなったからあっきの言葉で自信をつけさせてもらおうと依存してたのでした….。


私の憧れの奥さんは、
・一歩も二歩も下がって、あっきが気持ちよく外で仕事ができるように家事を完璧にこなす奥さん
だった。
きっもー!!!!!!笑
今、あの頃の私に会えるならたくさんのアドバイスができる。




結婚したって、
嫁いだって、何にも諦めなくっていいんだよ!
やりたいことをやっていいんだよ!むしろやらないと、ダメ!
あなたの人生は、私自身がハンドル握らないと!
自分を生きてなくっちゃ、旦那を恨んで子供ができたことを恨んで、嫁いだ土地を恨んで、生まれた環境を恨んで、そんな被害者意識をどんどん作って負の連鎖が起こる。









旦那さんが暴走機関車の奥さんは、あの人のせいで….
辺鄙な田舎に嫁いだ奥さんは、こんな田舎だから…
大好きな仕事を辞めて嫁いだ奥さんは、あなたのために辞めたのに…
子供がいるから好きなことを諦めた奥さんは、あなたのために…
でもさぁ、
誰のせいでもないんだよね!!
あんたが選んだの!私が全部、選んだの!!!!笑








ここに住むことも、
結婚して仕事を辞めることも、
あなたと結婚することも、
言いたいことを本音を伝えないことも、
言わないで我慢をするって決めたことも、
全部全部ぜーんぶ、私が決めたこと。
旦那さんが悪いんじゃない、この街のせいじゃない、仕事のせいじゃない、介護のせいじゃない、あの女が悪いんじゃない、くそ上司のせいじゃない、全部全部ぜ〜んぶ自分で決めたことなんだよね。
言わないで黙ったのは、きっといい人に見られたかったから。物分かりのいい人でいるってのを選んだのは私。メリットがあって、それを選んでるんだもん。







誰かのせいにしてたら、そりゃ楽だ。
人生は、ちゃんと自分がハンドルを握らなくっちゃ!
そう気付いて動き出したのが、結婚2,3年め!
まず私の友達をちゃんと作ろう!
せっかくだから興味のあるアルバイトをしてそこで友達を作ろう!
あっきの友達の奥さんじゃなくって、”詩音ちゃん”の友達をこの街に、なんでも話せて心地いい友達がいっぱいじゃなくていいから、本音や深い話ができる友だち、そんな大切な関係がこの街で欲しい。
そう願った!
タクシーに乗ったら、なんとなくの目的地を伝えても辿り着かないよ!
何丁目の何番地どこどこってちゃんと言わないと、分からないから。




もし、今いる自分の目的地が全然望んだ場所じゃなかったなら、
全部ぜんぶあなたのせいなの!!!笑
ちゃんと望んでないからなの。
過去のあなたが全部自分で決めて、今こうなってるんだよ。苦しくて嫌だったら逃げてもいいの、未来はいつでも変えられて何歳になってもチャレンジできる。
誰かの言う通りじゃもちろん幸せになれないから、旦那さんの言いなりじゃ苦しいだけ。同じ考えならいいのかもしれないけど、夫婦で別々の未来を見ててもいいと思う。
だって、それぞれ自分の幸せがあるもんね。
自分の本当の望みにいつもフォーカスすること。
なんでも望んでいい。望みは自由!
望まないと、叶えたい未来は近づいてこないし。
世間体じゃなくって、誰かに羨ましがられることじゃなくって、あなたの魂が本当に喜ぶ願いを空に思いっきり放ったら、あとはワクワク待つだけ。望むだけでまずはパワーが湧くし人生のハンドルを自分で握り返したら、ものすごくパワーが湧いてくる✌️







お母さんだから、
田舎だから、
子供ができないから、
太ったから、
旦那がダメって言うから、
もう歳だから、
職場のいつも叱ってくる上司がいるから、








そんなんで諦めた、私やあなたの大切なかわいいかわいい夢がいっぱいあったんだよね。







コーヒー屋さんで働いてみたい!
着付けを自分でできるようになりたい!
何百万もの作品に囲まれて、美術館で働きたい!
チョコレート屋さんで働いてみたい!
いつか持つ自分の庭のために、ガーデニングを基礎から働きながら学びたい!
十勝に旅行に来た人に、外から見た十勝のいいところの話しをしたい、だからホテルで働きたい!
海外で、着物を着たい!
上は、私が全部自分の好き!やりたいっ!をちゃんと行動して自分で自分の夢を叶えてきたものばかり。まだまだいっぱいある!
全部が楽しかったし、叶ってない時からすでにワクワクしてた!






うまくいかなかったら恥ずかしいし…←これに関してはやらない方がダサい!そう思って今度の私はカメラの仕事を始めてみたばかり。はじめて見たら、今度はお金をもらうのにブロックがあったり、怖かったけどスタートしてみたらたくさんの気付きもあった。(これについてはまた今度書きます♡)








自分でハンドル握って
自分で好きなところにどこでも行ける!人生はすっごく自由で、軽い!
詩音ちゃんだからできるんだよ、子供がいないからできるんだよ、そんな声もあるけど、ほんじゃずっとその言い訳で生きてくのかい。
私は子供ができないからって悲しみに浸ってずっとずっと誰かを羨んで苦しんで生きていきたくない。思う存分悲しんで、時々やっぱり心揺さぶられて涙も出るけど、それでもやっぱりやりたかったって想いに挑戦してくと、あの頃諦めた私が本当に喜ぶ結果になった。








結婚の申し込みにあっきが私の実家に来てくれた時に、お兄ちゃんも私の両親も私のことを「この子は、”糸の外れた凧” だよ。返品お断りだよ。」って言ってたの。笑
そうなの、糸外れちゃってるの、私。
そんなの思い出したら、本来の自分にどんどん戻ってるなぁってここ最近気付いたよ。あの苦しかった数年間があるから、生き方を変えるきっかけになった。不妊治療もそう、悩みの先にはいつも明るい希望が待ってる。
どんな風に生きていきたいのか?何がしたいのか?そんな疑問を自分にぶつけて本音を掘り出すいい時間になった。
今、悩んでる人苦しんでる人は、だから、めちゃくちゃチャンス!
いつでも未来は自分でなりたいように創れるから大丈夫。気付いた時点でラッキーだと本気で思う。
私のお母さんは、65歳すぎてミュージカルに出たいって急に思って、いきなり劇団に入ったお母さんです。笑。舞台に出れるのってお風呂で歌を聴かされたりしたけど、お母さんはきっと死ぬ時、棺桶で「 あぁ、楽しい人生だったなぁ」ってきっと思うんだろうって思います。私も、そうありたい!笑
みんなもそうでしょ?









私の当面のパッと思い浮かぶ夢は、
自分の想いを怯まず、どんどん表現することを楽しみ続けること(ブログなどで)
この春、ハーブティ販売とハーブブーケ販売を形にすること
ガーデナー姿の私の写真を撮ってもらうこと(←これ、ときめくっ!)
お悩みコンサルを始めること(私と話したいって人いるかな?笑)
Youtubeを楽しくアップする!
カメラの仕事内容をちゃんとHPに記載すること
あと、あっきとちゃんと仲良くすることです。笑。







今日も、やっぱり私はワクワクしています♪