に投稿

“大人数苦手”ついに克服なのか!


いつからか、大人数で遊ぶのが苦手って思うように。
じぶんがHSPだからか、
人数が多ければ多いほどその中のみんなが楽しんでるのかも無意識に気になるし
誰も嫌な思いしてないかとか誰かの発言で誰かが顔色変わったな、大丈夫かな?なんて
気が張り巡らされて結局疲れて帰ってくる繰り返しの日があった。





だから、ライングループもなるべく作らないし個々のやり取りにしてる。
メールを返せてないまま会話が進んでてそこに入れなかったりすると勝手に孤独感を感じたり余計なことを考える面倒なタイプです。寂しがりやの面倒な女。笑
そうゆうの気にしないでいられる人に憧れるけど
気になっちゃうから無理ー!!!って開き直って、今は自分の心地いいとこはどこかな?って考えると
あ、個々で付き合ったら楽ちんなのかって腑に落ちてここ数年はコロナ禍もあって
2〜3人で遊ぶってのが主流になったんです。それがわたしには心地いいスタイルだと思ってました。








でも、久々に5〜6人で会う機会があったり、
急に誘われてジム帰りに



素敵なギャラリーに連れてってもらったりね。
新しい人に出会う機会が最近また増えてきたの。仕事関連でもそう。







なんかしばらく縮こまってたなぁって急にブワッと自由な感情を思いだせた今週でした。
そういえば、昔のわたしって色んな人に出会うこと大好きだった!
友達もめちゃくちゃ多いタイプだった。
不良?ギャルの友だちも、賢い友だちも、オタクの友人もそれこそいっぱいいた。
どこ?って一つのグループ所属よりも、なんだかみんなと仲良いタイプ。
よく母が言ってた。詩音は、いつもみんなと仲良しだったよねって。






帯広に嫁いでから、「詩音ちゃん、いつも忙しそう!」とか「色んな友だちいて疲れないの?」とか「ほんと友だち多いよね!しーちゃんって本当に知り合いいっぱいいるよね!」って言われる言葉が勝手に脳内変換されて、ネガティブな言葉をぶつけられてるような気がしてたなぁ。みんなポジティブに言ってくれてたのかもしれないのに。勝手に、その言葉たちを聞いてわたしは大切な友達だけを大切にしてないような感じに聞こえてた。
いや、大切な友達に対して大切に思ってるし、してるよわたし。
大切な友だちを大切にちゃんとしてるのに、わたし。
友だちが多いことをなんだか後ろめたく感じてた気がする。







そこがわたしのいいところ、でもあったのに。
歩けばみんな知り合いみたいなノリの帯広の街。笑
それが面白いのに、なんか縮こまりすぎてたー!!!!!!!!!!!!
大人数だったり新しい友人に出会う機会を増えてきて、わたしの中で生き続けてたお祭り精神みたいなお囃子の音がドコドコ聴こえてきました。夏だから?笑
繊細な上、考えすぎて自分でこじらして悩んで勝手に思い込んで落ち込んで、そこでこうして自分でまた舞い戻ってくるひとり劇場みたいなことを日々相変わらずしています。笑







少しずつ削ぎ落としていって、生きやすくなってるのは確実。
また昔のわたしに戻ってきたような気がする。ここ数週間。ありがたいなぁ。