Blog,  mind,  月一回花屋までの道のり

夢叶う!(第2弾!!)



わたしの昔からの夢なんですけど、聞いてください。
一旦ブログを書き出すと急に投稿が増えるわたしの癖、興味ない方はどんどこスルーで✌️






わたしの夢、それは自分の育てた花をお届けするお花屋さんだったんだけど
その夢をひとつ乗り越えた先は、
夜の街でお花を販売することでした。
その理由がね、
街に飲みに行ったおじさんやおじいちゃんが、家で待つ奥さんやパートナーにお花をお土産で買って持って帰るっていうやーつ🥺♥️あっきに一番して欲しいやつ。
飲みに行く機会が多い旦那さんを持つ奥様方やまたはパートナーの方達とこの気持ち100%共有できると思うんだけどさ。飲んだ先で自分にお花を買うって行為自体がもう嬉しくない?泣けちゃわない?幸せじゃない?
だって、飲んでても自分のこと思い出してくれて恥ずかしいだろうに男性がお花を買って帰ってくるんだよー💐
そんな幸せで素敵な循環ある?


今回、なみこちゃんのお店ケセラセラヴィでミニブーケを置かせてもらったんです!
お花が好きって言うかわいい方にもお届けしたいし
飲みに来てるおじさんにも、ぜひ手に取って欲しい✨👀♥️
そんな想いをなみこちゃんに伝えて来ました。


わたし自身がここ2年くらい、飲みに一切行ってないんだけど
作ってたケーキがめちゃ美味しそうでもうキャーキャーいう。


もうすぐ栗の時期だから、モンブラン大好物のわたしは
なみこちゃんのお店でモンブラン食べながら白ワイン飲みたいなぁって思わず、羨ましすぎて一瞬目が座っちゃいそうだったけど、十勝大橋が17時前後はめちゃくちゃ混むのでなんとかお花を置いてその時間前においとましました。音更に住み始めて十勝大橋に死ぬほど振り回されて生きています。←どうでもいい小話。笑
とにかく、飲んだ帰りにミニブーケ買えるって最高じゃない?


スウィーツと花って組み合わせが無敵に可愛くってハートが熱くなりました。

今回は、ハーブブーケとダリアブーケ♥️

なみこちゃんがお店で準備してくれたカゴにお花を入れて置いたらさ、
とてもとてもかわいかった。わたしが誰より一番の花屋しおんのファンだなー♥️









海外に長く住んでいたわたしですが、
実は、たくさん花にまつわる思い出があって。
カナダ時代に語学学校に通っていたんだけど、授業中郵便屋さんが突然教室に入ってきて「 Who’s Shion?」って叫ぶの。そんで(え?わたし?)ってなって「 Yes! It’s me 〜!!!」って応えたら大きな花束を渡されたんです。メモにはGuess who?って書いてあって。
結局、違うクラスのハルマンってメキシコ人の男の子からのプレゼントだったんだけど、あの当時日本人丸出しのわたしは恥ずかしい方が勝っちゃって照れてたけど、今だに時々思い出しちゃう嬉しくて幸せな瞬間です。

また別のタイミングでは、昔のブログに残してたからリンク貼り付けるね。
http://shionponlog.jugem.jp/?eid=325
CA時代トロントフライトの時に知らない黒人さんから「 この青い花、君みたいだから」って急にプレゼントもらったり🥺本当、花を送る文化が根付いてるのかもしれないなぁって思います。
旅行してると男性が花を買うシーンもよく見るし、オランダ空港にはお花の自販機があるくらいだよ♪日本もこうなったらいいなぁって思うんです。







なので、わたしの夢は
十勝も気軽にお花を誰かにプレゼントするような文化になったらいいなぁって思ってて。
特に恥ずかしがり屋の男性たちから!







なみこちゃんが次の日の朝、完売のお知らせとともに
奥さんやパートナーに買っていってくれた方達の話を教えてくれて、もう胸がいっぱいいっぱいで朝から本当に嬉しくなりました。加齢によるものか涙腺の緩みが酷くてじわわ〜んって幸せ感じて泣けた。
またゲリラ的にお花置かせてもらおうって思ってます♥️
つい先月はお花が好きーって大声で言えない状況に陥ってたけど自分の好きにちゃんと目を向けて、自分の幸せに正直になって、やりたいことに対して遠慮しなくなるとやっぱり不思議とうまくいく。
ありがとね、なみこちゃん素敵な機会を。
購入してくださった方のその奥様やパートナーや、はたまた自分自身のものでも、お家でちらっと目に入るそのブーケが幸せを少しでも運んできますように🌷