Blog

夢が叶う速度


タイトルの、”夢が叶う速度”がどんどん上がってる。
カメラ始めたいなぁ、だけどわたしなんて…ってモジモジしてる時からここには全部書いてるからちゃんと途中経過も残しておこう。
公には募集してないから紹介性ってことにしてるんだけど、あ〜 あの人のこと撮りたいなぁなんて思ってたらその子から連絡がくる。不思議なことがずっと起き続けてる。




「 お金払うから撮ってほしい!」そんな声をかけてもらってから数年はずっと足踏み状態だった。
カメラやってみようかな、本格的にお金いただいてみようかな、
そんな風に思ってたけど踏み出せずにいたけどある時、ガクブルで怖かったけど葛藤もめっちゃしたけど
ドキドキしながら思い切ってはじめの一歩を踏み出した、この時あの時のわたしを今、愛しく可愛く振り返れています。

この時 も 、頑張ったなぁ。
あぁいい記事書いてる。笑



物撮りより人物を撮るのが好きだなぁって思ってて、
一番は植物を撮るのが好きだけど。
はじめは撮るなら大好きな子供がいいなぁなんて思ってた。
いざ仕事としてお金をいただいて撮りだしてみると、子供や赤ちゃんを撮るのもそこそこ楽しいんだけどどっちが好きかって言うと大人を撮る方が断然楽しいって思った。
これもそれも、一歩踏み出して始めてみてやっと分かったこと。
仕事だから嫌なこともちょっとはあるよ、そんなこと言わないの、選り好みしないの、とかそんな考えは今の私にはなくって。だって、本当の本当の望みは好きな人だけを撮りたいし好きなものだけをワクワクしながら撮りたい。そんなの夢物語だよって思う人もいるかもしれないけど、望んだっていいじゃない。
大体、楽しくないなぁ〜 あぁぜんぜん気分乗らない… そんな想いで撮るとそのエネルギーが全部写真に乗っちゃうと思ってる。






昔のわたしはもっと怖がりだったから、足踏みしながら夢をいつも思い描いているタイプだった。一歩も踏み出さないで(こうなったらいいなぁ)(あぁなったら最高だなぁ)そんな希望を胸にワクワクしながら、同時に(わたしなんて○○だから)(もっとすごい人はごまんといるし!)(そんなんやったら誰かになんか言われるよ!)そんなスパルタな声もいつも湧いていてチャレンジする足かせになってたし、実際そう誰かを介して言われることもあった。他でもない自分がそれを思ってるから形を変えて他人を通して言われるんだってことも分かった。笑






でも、えいやー!!!!!って行動を起こしてみると
あれよあれよと課題が見えてくる。撮れた写真を見て反省したり後悔したり悔しくなったりあるんだけどそれ以上に、(じゃあ次はこうしてみよう!)(技術まだまだだけど、ここがわたしのいいところだ)って思えてる自分がすごい。
お金をいただくようになってから、もしもわたしがお客さんの立場だったらって考えるようにしてる。
特にわたしは自然な姿を撮られるのが好きだからできるだけいつも通りの自然なショットや自然な笑顔を撮りたいって思ってます。いつもの空気感のまんま。
お母さんになった友達とその子供の写真を残すのも大好きだと思った。
旦那さんと子供の写真は奥さんが撮るから意外にいっぱいあるんだよね。ピータンですらそうなの。赤ちゃんピータン単体のショットもいっぱいわたし自身が撮ってるからある。今思うと、もっとピータンの小さかった頃と一緒にわたしと撮っておけば良かったなぁって写真アルバムを見ながら切なくなる時があるんだよね。
だから、世の中のお母さんはきっとそう思ってるだろうなぁって思ってて。
世の中の旦那さんたち全員に言いたいいんだけど
もっといっぱい奥さんと超貴重な小さい赤ちゃん時代のお子さんの写真をいっぱい撮ってあげてほしい。オムツ変えてるとことか、ただ抱っこしてるとこ。ミルクやおっぱいあげてるとこ。絵本読んでるところ。夜中起きて頭はボサボサで疲れててもそれでも撮って残してあげてほしい。きっと、後から見返したらいい思い出になってるから。奮闘してる時は写真撮りたくても撮れる余裕ないもんね。
そんな想いで最近はお母さんたちに頼まれて、いつもの日常を大切に撮りはじめました。

お着替えもして何カットか撮ります
この日は、一緒にムームーも来たよ
優しいお姉ちゃんムームー🐶も見守ってるよ


今しかない最高の瞬間を残せるお手伝いができて、わたし自身もすごく幸せだし、赤ちゃんやお子さんから、そしてお母さんのあったかい気持ちから癒しをお裾分けしてもらってる。
仕事とは思えないほど楽しんでしまってる。笑









もっともっといいショットを残したい。
アトリエみたいなスタジオも作りたいって夢まで出てきちゃった。
太陽光が好きだから、屋外撮影が好きなんだけどそうするとお天気にも左右されちゃうから、今後の夢は室内でも綺麗に撮れるような設備を作りたい。
今はそれが新しい写真の夢でもある♡
まだまだ夢、いっぱいあるよ。全部、自分のためにチャレンジさせてあげたい。それをさせてくれる見守ってくれるあっきにもめっちゃ感謝!!
何より一番は自分の勇気にありがとう!