Blog,  ピータン

まさかの育犬ノイローゼ(笑)

「子供ができたら上手に手を抜いて、放任主義で育てたい!」
なんて思ってた私ですが、完全に真逆の人間でした。
ピータン♀が来てから一週間くらい、ずっとずっと育児ノイローゼならぬ育犬ノイローゼに陥った!!!!!
ピータンがかわいすぎて小さくて儚すぎて、分かっていたけどこの小さな命を守らないといけない自分の責任が重たくって、何かあったら心配で心ここに在らずで生活していました。(パピー期はあっと言う間だからめいっぱい楽しむぞ〜✊)なんて意気込んでたのに、毎瞬毎瞬心配で心配で仕方ない。
寝てても息してるかな?ってお腹の動きを確認して
うんちの硬さはこれくらいで大丈夫なのかな?
ご飯噛んでないけど大丈夫かな?
寝過ぎてたら、何か病気なのかな?なんて
本来の自分の心配性の性格が、大爆発!!!!!



よく赤ちゃん産んだお母さんがシャワー浴びてても赤ちゃんの泣いてる幻聴の声が聞こえるって言ってたけど、私もお風呂に入っててもスーパーに行ってもクイーンクイーンって幻聴が聞こえてきました。笑。マッハで用事を終わらせて、すぐに家に帰ってピータンの生存確認。今、書いてると笑えるけど本当に必死で必死で、帰ったら死んでるんじゃないかって本気で思ったり不安だった。
子犬の子育ての仕方も、これで合ってるのかな?
叱るタイミング、叱り方、ネットで調べてもいろんな情報に溢れてて。
そこに来て、大型犬が赤ちゃんを殺しちゃったニュースが飛び込んできて私の不安はもう倍増!!犬は悪くない、飼い主さんが悪いよなぁ、
そんなわけで私の脳内と心は完全に狂い咲き。笑。


日中は、私がひとりだし
“ダメなことはダメって子犬期に教えないと大変なことになる”
どこにもそんな風に書いてあって、とりあえずそれを実践。
手を甘噛みしてきたらノー!
家具を噛んでたらノー!
怒る時は大きな低い声で単語で知らせる。
まずこれが私にとってストレスだった。
だって低い声がすんなり出せないし笑
こんな可愛くて赤ちゃんピータンなのに怖い声で怒ってる自分に罪悪感湧いたり
寝てたら寝てたで息してるか不安でお腹の動きを確認して、
もうピータンの一挙一動も目から離せなくって、3時間おきにおしっこ、夜泣きで夜は寝不足でそれでも家事もあって、もう余裕がゼロ!
何しててもピータン一色で、もう心がグラグラ。





そんな中、仕事から帰ってきたあっきの前で噛んできたピータンに
「ダメ!ノー!」って叱ったら
あっきが「詩音怖いねぇ〜、やだねぇ〜」ってピータンに話しかけてて私の脳内でプッツンって音が!!!!!
気付いたら、






「私だってピータンのためを思って怒りたくないのに怒ってるのに!!不安なの!もうあっき、出てって!あっきいない方がいい!ひとりでピータン育ててくー!」(実際は、もっと魔王風。笑)
お前が出てけって言われたけど絶対出てかないって泣きながら大騒ぎして、結局あっきが出ていった。その間多分1時間くらいだけど、ずっと私は不安で不安で泣いてた。←完全にこれ、産後鬱の症状じゃん。笑
育児ノイローゼと一緒じゃ〜ん!
夜も、ちゃんと眠れてないから冷静な判断ができなくなってた。






旦那のことを嫌いな友達の大半は、産後に不安でいっぱいの時に帰宅も遅くて赤ちゃんのお世話も手伝ってくれてなくて苦しい気持ちも理解してくれなかったって言う人が多い。子供が大きくなった今でも、その時のことを死ぬほど恨んでるって聞いた時は(なんでその時に辛いってSOS出さなかったんだろう?)って不思議に思ってたけど、今ならめっちゃ分かる!!
SOS、出せない!!!!笑
まず寝不足で冷静な判断ができなくなるし、昼間は昼間でこの小さな命を守る責任感に押し潰されそうになってもういっぱいいっぱいで、夫が夜遅く帰ってきて子供の可愛いとこだけ可愛がってて、お前はのんびりしてていいよな、とか、急いで作ったご飯に不満気そうなあいつ(夫)に、「この子の命を守ってくことが重たくて、初めて尽くしで辛くて私不安で苦しいのー!」なんて絶対言いたくない。なんか拗ねちゃう。
なんか知らないけど、弱音を見せたくない。負けた気がする。笑。
(甘やかすだけのお前なんかいない方が楽。何にも私の気持ち分かってない癖に何言ってんじゃい!もう一人で育ててく!)ってな風に、日本のお母さんたちはどんどん強く怖くなって、本音が言えなくなって頑固になっていくんだなぁって判明。結婚した当初は奥さん可愛かったのになぁなんて言うお父さんいるけど、あんたが奥さんをそうさせたんだからね。
お母さんは泣いてたって落ち込んでたって家事は回らないし、赤ちゃんは泣くしおしっこするしで、やることは山ほど。強くならないと自分が保てないんだね。
育犬ノイローゼのおかげで、産後鬱と世の中のお母さんたちが赤ちゃん時期に手伝ってくれなかった旦那さんを今でもめちゃくちゃ恨んでる仕組みがよ〜く分かった。
こりゃ、一生恨むって思うわ。笑。





あと、特定のカテゴリーに対して極度の心配性の本来の性格もまた知れて面白かった体験。このままだったら私は子供ができたら超溺愛して心配性で子供命のダメなモンスターマザーになる可能性大だったと思う。
気を付けようって思った。
今はちょっとノイローゼ抜けて、かわいいパピー期を味わってます。子供ができる前にピータンを飼って逆に良かったと確信したよ。
あと、あっきも本当は私の気持ちを分かってくれようとしてたし、余裕がなくてご飯用意できなくてもあっき全部してくれるしあれ、なんだ最高の旦那さんじゃんって感謝。
ちゃんと伝える。自分の本音を伝える大切さを改めて体感。
ピータン以外の自分の生活もちょこちょこ戻してたのしむぞー♡