Blog,  月一回花屋までの道のり

いちばんの驚きの収穫




あっきは、基本的に私がなんでもやりたい症候群なもんであれもこれも手を出しちゃう性分だからか、
私のやりたいってことを、一度はストッパーとして止めてくるタイプなんだよね。
でも今回の夢は、
前の賃貸に住んでる時から自分で育てたお花を売るお花屋さんやりたいって夢は、ずっとずっとずーーーーーーーっと言い続けてたからか、とにかく応援してくれて。
おばあちゃんが亡くなった中でも、やるって決めても反対もしないで
必要な備品もあれ持ってったらいいんじゃない?とか、めちゃめちゃ協力的。
もうそれだけで胸いっぱいだったんだけど、
お花屋終わりの時間にピータンと駆けつけてくれた。







いちばん近くにいる人にはやっぱり応援してもらいたかったから。
ちょっと前までの私は、拗ねてる女だったから、
(別に旦那さんに分かってもらえなくてもいいや、自分がやりたいことをやれたらそれで全然いい!)
そんな風にマヤカシで思っていたんだけど本当の本当の気持ちは、





あっきに応援されたいし
頑張ったねって言われたいし
一緒に私の頑張りも、喜んでもらいたい







そんなシンプルな願いが出てきた。
かわいい小さい私の願いなんだけど、コレいちばん欲しかったもの。
何かプレゼントとかじゃなくってこの気持ちや安心感がいちばんうれしいプレゼントでした。







これからも、怖いけど一歩踏み出してじぶんの足で立ってみよう。
わたしはわたしの人生を、不平不満ばっかりに使いたくない。
誰かを羨むんじゃなくって人の足を引っ張るんじゃなくって
挑戦する人を応援して
一緒に好きな仲間と、もちろん旦那さんともたのしく笑って生きていきたい。
そのためにも、もっともっともっと自分に夢中になるぞー!!